見習いパパのパパライフ

日常を日記感覚で書いたり今後役に立ちそうなことを書いていきます

我が家の水道光熱費の比較

こんばんは

まず、ご報告です

本日ブログタイトルを『見習いパパの日記と備忘録』から『見習いパパのパパライフ』に変更致しました

それに伴いヘッダー画像も変更しました

今日は、4月〜9月の水道光熱費を去年のデータと比較して考察してみたいと思います

電気代

f:id:minaraipapa:20161009184356p:plain

2015年

4月と8月で1万円を超えています

データを掲載していませんが12月からの電気代が1万円を超えています

4月は朝晩肌寒かったこともあり、暖房を使用していた記憶があります

8月は冷房のせいでしょうか、確かに冷房が止まると寝苦しくなるため睡眠中も冷房をつけていたような記憶があります

 

2016年

夏になるにつれて徐々に電気代が高くなっていることがわかります

これは冷房の使用時間の影響だと思います

春先も暖房を使用していましたが前年と比べて1/3になっています

 

考 察

2015年と2016年の電気代が大きく変化したのには2つほどの要因があります

  • エアコンの違い
  • 部屋の構造の違い

まず、エアコンの違い

以前住んでいたマンションは築20年くらいの結構な年数のマンションでした

そのせいもあり、エアコンもかなり古いものでした(年式は不明です)

現在のエアコンと比べると、電気代が高くなる要因であったと考えられます

 

次に、部屋の構造の違い

以前は古いマンションだったということで、結構寒かったり、暑かったりしていました

しかし現在のアパートは築2年ということもあって、寒さは以前の住まいよりあまり感じません

特に窓の構造が以前のマンションより良くなったことが考えられます

 

ガス代

f:id:minaraipapa:20161009190403p:plain

2015年

春頃から夏にかけ徐々に金額が下がっています

お風呂を溜めずシャワーのみ使用していた、料理をあまりしていなかった記憶があります

 

2016年

お風呂が以前のマンションより、快適ということもあり、お風呂にはることが毎日の楽しみとなっていたので毎日のようにお風呂を溜めていました

夏頃は暑かったためシャワーのみとしていました

ただし、料理は2015年と比べたくさん作っているのでガス代は高くなっていると思われます

 

考 察

やっていることの違いでの金額差であると思われます

ただ節約する方法はたくさんあると思っています

  • お風呂にお湯を溜めたら、すぐ入る、可能であれば二人で一緒に入る
  • シャワーのお湯を出しっぱなしにしないでその都度止める

10月6日にガスの検針があり、日があまり経っていないのでちょっと節約を頑張ってみます

節約の効果がありましたら、またブログで紹介したいと思います

 

水道代

f:id:minaraipapa:20161009193630p:plain

2015年

ガス代同様、春先などちょっと肌寒い時期はお風呂を溜めていましたが、気温が上がるにつれてどんどんお風呂を溜めなくなりました

また、料理もあまりしていないため、洗い物が出なかったこともあり、夏場の水道代が低いのだと考えられる

 

2016年

ガス代同様、お風呂を溜めて浸かるという楽しみのおかげで、毎日のようにお風呂を溜めて入っていた料理を作っていたので洗い物が多かったので水道代がやや高めになったと考えられる

 

考 察

こちらもガス代と同様、やっていることの違いで、前年の料金より高くなっていると考えられる

水道代も節約する方法はたくさんあります

  • お風呂に溜める湯量を少なめにして二人で一緒に入る
  • 洗い物の時は水を流しっぱなしにしない
  • 桶などに水を溜めて使う

こちらも今度、水道の検針がきたら節約をしてみようと思います

 

最後に

電気代は、部屋の保温性、エアコンの性能の影響を大きく受けると思います

なかなか部屋が冷えない(温まらない)ことにで設定温度を変更・使用時間が長くなる

古いエアコンは最近のエアコンに比べて電気代が高い傾向にあるので必然的に電気代が高くなりる

電気代は、エアコンの使用回数と使用時間に比例関係にあると思います

エアコンはつけ始めが電気を一番使うのでつけたり消したりを繰り返すよりも、付けっ放しの方が場合によっては安いこともある

部屋の湿度が高いからといってエアコンのドライは使わない方が良い

→冷房や暖房と違い電気代がとても高くなります

除湿を目的とするなら除湿機を使用した方が多分安くなると思います

除湿機がないため曖昧な答えですが。。。

 

水道代・ガス代は、料理の頻度、お風呂を溜めてのの使用頻度に比例して料金が上がるのは誰しもが知っていると思います

ですので、1回ごとの利用で節約していくことが水道代・ガス代の節約につながります

なんか当たり前のことを言ってすいません

お風呂の湯量を今までの半分くらいにして二人で入るだけでも毎日繰り返すと結構な節約になると思います

 

広告を非表示にする