見習いパパのパパライフ

日常を日記感覚で書いたり今後役に立ちそうなことを書いていきます

パパにはわからない”つわり”

うちのママも徐々に”つわり”がででき始めました

そこのパパ!

つわりには種類があるって知っていました?

うちのママもちょっと色々なつわり様症状が出てきたのでちょっとまとめて見ます

まず、”つわり”とはなんですの?

妊娠初期に現れる不快な症状のことのようです

原因は未だにわかっていない様です

ただ諸説ある中で濃厚な説として

子どもができることによって増加するホルモンがあります
それが”hCG”、”プロゲステロン”

これらのホルモンが影響しているのではないかという説が一番濃厚かもしれません

 

いつから”つわり”の症状がでるの?

人によってまばらのようですが5〜6週くらいから始まり12〜14週くらいまで続く様です

特に8〜11週あたりがつわりのピークとなることが多いようです

中にはまったくつわり症状がでない(症状を感じない)人もいるようです

現に、ママのお母さん(義母)はつわり症状があまりなかったとママから聞いています

つわりの程度もひとそれぞれのようですね

 

どんな症状がでるの?

吐き気、嘔吐

”吐きつわり”といいます

辛そうですよね この様な時は無理にご飯を食べず、”食べたい時に食べられるものを食べる”のがいいようです

 

空腹時に気持ち悪くなる

”食べつわり”といいます

つわり症状を和らげるためには空腹の時間を作らないことがいいそうです

ただし、注意が必要で、空腹を作らないためにたくさん食べることは体重の増加につながるのでよくないそうです

少量を小分けにして食事することがいいそうです

 

常に眠い!

”眠りつわり”といいます

寝てもいい環境であれば寝ることが一番です

また夜も夜更かしせず、早めに寝ることが生活リズムもよくなり、一石二鳥です

 

とにかく匂いに敏感になり、嗅ぐだけで気持ち悪くなってしまう

”においつわり”といいます

どんな匂いによって気持ち悪くなるかは人それぞれの様です

この匂いはダメというのを知っておくことが大事です

 

唾液によって気持ち悪くなってしまう

”よだれつわり”といいます

あまり聞いたことないですよね 僕も初めて知りました

唾液の量が多くて気持ち悪くなるのであればこまめにティッシュなどに出すしかないです

自分の唾液の味で気持ち悪くなる様であればガムや飴などで味を変えるしかないですね

 

つわりの種類ってこんなにあるんですね
つわり=吐き気、嘔吐と思っていたのでビックリしました

 

うちのママの症状

”においつわり”

電車の中や食べ物の匂いで気持ち悪くなっていました

ひどい時はその部屋にいることができず、寝室に移動していました

匂いにも敏感になり、リビングで干していたバスタオルを使った時に「食べ物の匂いが染み付いている」と言ってきました
僕は全然気付きませんでしたw それほど匂いに敏感になっているのでしょう

 

”食べづわり”

仕事からの帰宅途中お腹が空いて気持ち悪くなったそうです

帰宅後夕食を食べたらその気持ち悪さは落ち着いたそうです

 

”眠りつわり”

初期の頃より、寝ても寝ても眠いとずっと言っていました
前から寝ても寝ても眠い人だったので、気にはしていませんでしたが、これもつわりの症状なのでしょうね

 

うちのママは今の所この3つのつわり症状が出現しています
気持ち悪い時は結構大変なようで、先ほど8〜11週くらいがピークになるみたいだよと伝えたところ

「今以上にひどくなるの!?」

と、これ以上ひどくなると本人も辛い様です

 

最後に

つわりだけはパパには辛さがわからないことなので、広い心で助けてあげましょう

”なんでそんなに眠いの?”

”ご飯作ったのに残したのか”

”しっかりしてよ”

”俺も疲れてるんだから”

絶対に言っちゃダメですよ!!

僕は今の所このことを知っているので言わない様にしています

お弁当や夕ご飯を作った時も初めから、”多分食べれないかな?”、”気持ち悪くならないかな?”と考えながら料理を作っています

 

うちのママは、残した時は”残しちゃってごめんね”、”全部やってもらってごめんね”と行ってくれます

 

お互い思いやる気持ちが大切ですね
パパもママのことを考えずに”物事を言わない”

ママもパパに”労いの言葉”をかけてあげましょう

広告を非表示にする