見習いパパのパパライフ

日常を日記感覚で書いたり今後役に立ちそうなことを書いていきます

何にでも影響されやすいパパ

こんばんは

今日はお休みでしたので昨日はちょっと久々に写真を撮影しに仕事帰り行ってきましたのでブログをお休みさせていただきました

Photoshopでレタッチするための素材を撮影してきましたと言った方が正しいかもしれませんw

今日はちょっとコーヒーについてお話ししたいと思います

夫婦共通の嗜好

夫婦共々コーヒーが大好きです

といっても、生豆を買って焙煎してミルで引いてとかではないですがw

赤ちゃんができる前、嫁はスタバでマイボトルを持って行きそれに入れてもらっていました

あとはコンビニのコーヒーを買って飲んでいました

今思うと嫁は缶コーヒーは全くのんでいませんでしたね

逆に僕は、缶コーヒーの方が多いですが、調べ物や勉強のために喫茶店に行ったり、何かの待ち時間の時は喫茶店やカフェで時間を潰していました

 

共通の嗜好が。。。

赤ちゃんができたら”カフェインダメ!”ってことをよく聞きますよね

そのせいもあり、ママは大好きなコーヒーを飲むのをやめました

かわいそうに。。。

でもパパは知っています、”全く飲んではいけない”ではなく”摂取量に注意しましょう”ということを

でもママには伝えていません
多分実はママは知っているかもしれない

パパがしっかり勉強してから教えてあげようと思っています

 

今パパが知っている知識

  • カフェインの過剰摂取は流産のリクスが増加する
  • だいたい150〜200mg程度のカフェインなら摂取可能
  • カフェインによる影響
    カルシウムや鉄分の吸収が阻害される
    胎児はカフェインの代謝ができないので胎児に負担がかかる
    血管収縮作用があるので胎盤への血流減少により、胎児へ酸素や栄養素が十分に送られなくなる

各飲料カフェイン量(150mLとして算出)

  • ドリップコーヒー 100mg
  • インスタントコーヒー 65mg
  • ノンカフェインコーヒー 1mg
  • 紅茶 30mg
  • ほうじ茶 30mg
  • 烏龍茶 30mg
  • ホットココア 50mg
  • 麦茶 0mg

我が家で飲むであろう飲料のカフェイン量を一覧にして見ました
ノンカフェインのコーヒーでも1mg程度は含有しているんですね

 

 

パパが影響を受けたもの

そんな中パパはYoutubeでとある動画を見てからコーヒーを本格的に淹れたいと思い始めました

Youtubeってすごいですよねw

関連動画がw ドンドンドンドン自分が興味あるものが表示されますw

うん、ママに確実に怒られるよね〜w

”無駄遣い”、”私が飲めないのに!”ってねw 目に見えてわかりますw

 

ママのためにも探しました

ノンカフェインのインスタントコーヒーの存在は知っています
現在自宅にもノンカフェインのインスタントコーヒー、ノンカフェインのほうじ茶、緑茶のティーパックがあります

世の中には、”ノンカフェインのコーヒー豆”もあるみたいです

うん、これをだしにちょっと交渉して見ようかな

広告を非表示にする